Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Zwilling 魚の目・角質削り 78705-201

30代を実感する瞬間というのがたまにあるのですが、
局部的なハナシをさせてもらうと・・・
20代と決定的に違うのは、「かかと」だと思います。
#なんというコメントが難しい日記!

カタい、角質! 信じられない! これがオレの足か!
という気分になって、凹みます。

で、角質対策のブツを探していたわけですが・・・
良いのを見つけちゃいました。
Zwilling(ツヴィリング)の角質削りです。

今日、早速試しました。
凄いです。コレ。ホントに凄い。

http://www.amazon.co.jp/Zwilling-J-A-Henckels-78705201-78705-201/dp/B00012HTW4/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=hpc&qid=1238504654&sr=1-1

持っている人います〜?
[PR]
by lc-a | 2009-03-31 22:37 | 日記的に

おしゃんてぃーぱーみー

マイミク、泪-rui-さんのヘルプのおかげで、
13年ぶりにパーミーになりました。
ピンパーマなんですが、
「コレ、名前つけてー。なんていう技にしますか」
という話になり、命名されました。

オシャンティーパーミー です。

髪型的には、
モジャモジャまでいかず、モ くらいです。モジャまでいかない。

鏡に映る自分が面白くてしようがない。
良かった。茂木健○郎みたいな髪型じゃなくって。

おしゃんてぃーぱーみーのご用命は、One's Ownまでどうぞ。
[PR]
by lc-a | 2009-03-26 22:25 | 日記的に

たむろん

先日、みせていただいたGRD II もう欲しくて欲しくて大変でした。
さらに最近、kanonさんがGRD IIを購入。
LOMO仲間が買ったとなると、余計にソソります。
#ちなみにlc-aという名前は、LOMO lc-aからきています。

と、物欲全開だったのですが・・・偶然が重なり・・・物欲は、違う方向へ。
EOS 40Dを買ったときに欲しくてしようがなかったレンズ、
TAMRON A09 SP AF28-75mm F/2.8を買いました。

どんな写真が撮れるか楽しみです。

昨夜は、シーフードカレーに強引にピノノワールのワインをあわせるという暴挙に出たサトーでした。しかも白ワインがなく、「三井の寿」という純米酒でフランベ。ダブル暴挙です。
[PR]
by lc-a | 2009-03-26 09:07 | 日記的に

ニセコ

a0084221_90898.jpg

久しぶりに会うひとたちとニセコへ。

20年という時間は、想像すれば長いのだろうけど
そんな時間感覚は、どこかに行ってしまった。

歪な心がぶつかりあった日々も
体育館のワックスのにおいも
みんなが知ってる。
[PR]
by lc-a | 2009-03-25 09:00 |

Martin + Osaから個人輸入 [トラブル編]

先日もMartin + Osaから個人輸入。ところが問題発生。
注文したサイズとは違う商品が届きました。
同封の伝票をみても、明らかに間違っている。

そこで「着払いで送り返すから、代わりの商品を送って欲しい」とメール。

ところが・・・
「インターナショナルオーダーでは、交換は受け付けられない」
「代金着払いで送られても受理しません」
とのこと。

つまり、送料は自分で負担して送り返してきたら返品には応じるよっていう感じなんですね。いや〜解せない。先方のミスだというのに。そんなサイズを間違えられた商品の購入価格、10ドル46セント(定価49ドル)!1,000円そこそこの商品のために5,000円近い国際宅急便の送料を払わないですよね。

こういったトラブルも個人輸入の醍醐味。笑って済ませてしまいました。
[PR]
by lc-a | 2009-03-16 01:00 | 日記的に

札幌 hofe ホフ

Kソムリエから話を聞いていたホフでランチ。あれ?こんなところに?という感じで佇むビストロ。古い家屋を改装したと思われる店内は、随所にオーナーのセンスが光ります。とてもくつろげます。
a0084221_23534493.jpg

二階席に案内してもらい、メニューをみる。
え? 1,200円? いくらなんでも安すぎじゃないですか・・
でも、ちょっとマニアックなラインナップのデセール、期待出来そうです。
a0084221_23535043.jpg

まずはブロッコリーと越冬キャベツのスープ。
a0084221_23535436.jpg

1,200円ランチのカトラリーがラギオールだというところが驚きです。
a0084221_23535956.jpg

僕は黒豚のシューファルシーをオーダー。
スパイス使いがうまい。そして、滋養がありそうなお味。
地の強さを感じるキャベツと黒豚挽肉がとてもあいます。
a0084221_2354498.jpg

家内は、子羊をオーダー。
a0084221_235410100.jpg

デセールは、日向夏と金柑のリ・オ・レにしました。
a0084221_23542040.jpg

家内はイチゴのスープとバルサミコのグラス
a0084221_23542680.jpg


食材のあわせ方で「!」というものがありました。
あきらかに新たな味覚体験であったことは確かです。
若いシェフが織りなす、真面目な料理。
今度は、ディナーかな。

こういうお店、道外の人とぜひ来たいですね。
北海道に来ることがあれば・・・ぜひ!


[PR]
by lc-a | 2009-03-13 00:04 | Wine

札幌 Sagra サグラ

1月末にKソムリエに紹介していただいたSagra(サグラ)にディナーを食べに行ってきました。仕事で札幌入りしつつ、美味しい体験もしてこようという欲張りっぷりです。折角いくんだから、楽しんでこないとね。

キールロワイヤルをいただきながら、メニューの説明を聞く。
「え?そんなにたくさん出てくるんですか?」というのが素直な感想。

一品目は、「阿寒湖産寒チップのスモークとうるいのマリネ」骨せんべいは、純米酒が飲みたくなってしまいました。(笑)
a0084221_094625.jpg

メニュー的に白ワインをボトルでいただくことにして、お店の方にすすめていただいたLe Chiareというシチリアのワインにしました。ヴィオニエ100%だそうです。
a0084221_095464.jpg

「散布産塩ウニを詰めたゆり根のクロケッタ」
a0084221_095963.jpg

割ってみるとこんな感じです。これぞ札幌イタリアンって気がします。このお料理は「!」という感じでした。ライスコロッケと思わせつつ、ゆり根だったり・・塩うにとあわせるところが素敵。
a0084221_010378.jpg

「毛蟹味噌のバーニャカウダ・タケノコのロースト」首都圏では考えられない毛がに味噌を使ったバーニャカウダ。甲殻類系は大好きですが、毛がにの味噌は特別ですよ。それをこんなかたちで食べられるとは。
a0084221_010973.jpg

a0084221_0101514.jpg

「積丹産エゾアワビのリゾット」エゾアワビは、中国産などに比べてとても小さいのです。そして味が濃い。独特のうまみに感動しながら、一気にワインがすすみます。
a0084221_0102116.jpg

ここでワインをこちらにチェンジ。
a0084221_0104056.jpg

「足寄町の石田さんの子羊とその内臓と行者ニンニクのラグーのタリエリーニ」これもおいしかったです。まさに大地の味。写真には、写っていませんが自家製のパンをいただきながら食べているので、もうこの時点でおなかいっぱい。めずらしくセコンド食べるのは無理かも・・・とすら思いました。
a0084221_0102836.jpg

「北斗市の小国さんの和牛のロースト」赤身が素晴らしい和牛。お肉の下の三種類の大根。アッチェートがきいています。これは美味しい。おなかいっぱいなんて嘘でした。
a0084221_0104795.jpg

「ヤーコンと牧場タカラのチーズのババロア、遠軽産あざみのハチミツとレモンのジェラート」
a0084221_011362.jpg

「金柑のブリュレとゴルゴンゾーラのジェラート」
a0084221_011762.jpg


何年も前から、食のトレーサビリティについて語られるようになりましたが、「これはどこのお肉ですか?」と聞いても絶対に答えてもらえるという安心感のあるお店でした。店主自ら、食材探しの努力を惜しまない。そして料理は、実に繊細でした。今回はカメラがコンパクトデジカメだったので写真からそれが伝わるか微妙なところですが・・・男性的ではなく良い意味で中性的なお料理です。「安心して食べられる」「このシェフだったら大丈夫だ」という信頼感のあるお店。僕は大好きだなー。

同世代の心身ともに健康なシェフが織り成す札幌イタリアン。ぜひまた行きたいと思います!今年のベストディナー候補に入れたいと思います。


[PR]
by lc-a | 2009-03-11 18:11 | Wine

クロスホテル札幌

開業当初に泊まったきりだったクロスホテル札幌に宿泊。アンケート提出が条件のモニタープランで、ラグジュアリールームをたった9,000円でとれました。この時期、札幌のホテルは本当に安い。10,000円出せばどんなホテルにも泊まれます。
a0084221_073718.jpg
a0084221_074598.jpg

ちょっと面白いのは、18階に大浴場があるということ。備え付けのアメニティは、エラバシェでした。札幌市街をみながら、ほろ酔いで入浴。最高です。
a0084221_075157.jpg

大浴場の脇には、ラウンジが。こちらはラウンジからの風景。テレビ塔がみえます。
a0084221_075549.jpg

[PR]
by lc-a | 2009-03-11 17:05 |

ゆゆたさん送別会

3月5日にゆゆたさんの送別会をやりました。
クロソイのカルパッチョからはじまり、アンティパストミスト、オマールエビのパスタ、ゴルゴンゾーラソースのコトレッタ。

ワインを格安で持ち込めるお店なので、今回は僕がワインを選びました。
iWork 09を使って、ワインリストも作成。
新しい場所でもゆゆたさんに幸せがたくさん訪れますように。
a0084221_9364768.jpg

[PR]
by lc-a | 2009-03-11 09:37 | Wine

ボサノヴァ熱はおさまらず・・。

Courage ~ Milton Nascimento
Compositores ~ Miúcha
JOYCE ~ Feminina

三枚追加。ボサノヴァ熱はおさまらず・・。
そろそろ七月の休暇予定を立てなくては。
[PR]
by lc-a | 2009-03-10 20:43 | CD
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite