Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Martin + Osaから個人輸入

AE(American Eagle Outfitters)のお兄さんブランド、
Martin + Osaからモッサリ輸入。
SALE価格&12/25限定Couponでさらに25%オフとなり、
とてもお買い得になっちゃいましたよ、奥さん。

Martin + Osa

いくつか紹介するとこんな感じです。

・Classic Cardigan
$74.50 → $22.4
・Banker Stripe Shirt
$59.50 → $18.7
・Pullover Fleece Hoodie
$49.50 → $14.9

あ、先日破けたパンツも再購入。
前回は、120ドルで買ったのに今回は、37.4ドル。(笑)


・Wool Flannel Trouser
$120.00 → $37.4

とっても気に入ったのがコレ。
・Cashmere + Wool Driving Cap
$74.50 → $33.7

Christys' Londonの商品だそうです。

AEもセールでしたので、色々と注文しちゃいました。
American Eagle Outfitters
[PR]
by lc-a | 2008-12-26 13:26 | 日記的に

来年の目標

毎年12月は、今年のテーマの達成度を自分なりに評価し、来年のテーマを立てます。これは、僕が23歳のころに話した三十代の女性が「今年は歌舞伎と決めたらそれを一年間勉強して、年末に集大成として歌舞伎を見に行ったりするの。」と話していたことに影響を受けて、ずっとやってきていることです。ちなみに今年のテーマは、「やわらかく」でした。(去年は、「こころ穏やかに過ごす」でした。一昨年は、「自然とふれあう」)

(↑ここまで昨年書いた文章と同じ書き出し)

今年は、他を知り、他を受け入れるという意味で「やわらかく」というテーマ。自分が今まで触れなかったもの、触れなかったことに積極的にアプローチしました。結果、様々な人との出会い、新しい考え方との出会い、素晴らしい本との出会いがありました。それらは、今後の大きな財産になるであろうと思える「出会い」でした。

他を知るということは、同時に己を知るということでした。劣等感、自分に出来ないこと・・兎に角、そういったネガティブな要素を知り、認め、そして受け入れる。他に「理由」があるのではなく、自分に「理由」がある。「自分を許す」ということについて考え、実践しました。自分の機嫌は自分にしかとれない。だからこそ、自分の機嫌をとることに集中する。日々、良い気持ちで過ごす。そんな一年でした。

来年の目標は、「可能無限」です。

この言葉は、数学用語で、自然数を数えていったとき(1、2、3というように)どんな大きな数(n)を考えてみても、さらに大きな数(n+1)を提示出来るという意味。「もうひとつ増やす余地がある」というとらえ方も出来ます。これが「可能無限」です。もう一方で無限には、「実無限(本当の無限)」があります。僕らが扱えない無限。これは神の領域からみた無限で、人生において手に入れることが出来ない無限です。

日々の生活のなかで「これくらいだな」と思ってしまうことがあります。理由なき満足、理由なき納得とでもいうか。そこに「可能無限」の考え方を流し込み、「感謝+1」「満足+1」「ありがとう+1」「楽しい気持ち+1」を実行しようと思っています。誰かに何かをしてあげようと思ったときに+1。誰かに感謝の気持ちを伝えようと思ったときに+1。人に対する愛情も+1。みんなで楽しもうというときに+1。2009年は、そんな風に過ごしたいと思います。

色彩に溢れた一年になりそうで今から楽しみです。今年もBLOG、mixiで僕の文章を読んで下さった皆さん、本当にありがとうございました。皆さんもよい年をお迎えください。
[PR]
by lc-a | 2008-12-24 12:22 | 思うこと

即興演奏

昨夜、某イベントスペースでピアノを弾く機会がありました。
ワインでお世話になっているM先生のGuitar、
初対面のHさんのGuitarとのセッションも。

Hさんとは、打ち合わせなしのジャムセッションもさせていただきました。
Piano & Guitarで完全なる即興演奏。
弾いていて、自分の中で忘れていたことに火がつくのを感じました。
聴衆は、背中越しだったのですが楽しんでいただけているのが
バンバン伝わってきて、とても興奮しました。

終わってから、数名に握手を求められて
「いやー良かった」「最高だった」とお褒めの言葉をいただきました。

音楽ってコレなんですよね。
「コレ」を忘れていました。

音楽をやっていて良かった。そんな夜でした。
[PR]
by lc-a | 2008-12-24 12:21 | 日記的に

2008年を音楽で振り返る

◆2008年に購入したCD(40枚)◆
BALLADS IN BLUE ~ Louis van Dijk Trio
My foolish heart ~ Renato Sellani Trio
Last tango in paris ~ Karel Boehlee Trio
Blue Prelude ~ Karel Boehlee Trio
at Storyville, Vol. 1 & 2 ~ Stan Getz
THE GOOD LIFE ~ 土岐英史
THE ONE ~ 土岐英史
Worrisome Heart~ Melody Gardot
What’s Jazz?-STYLE- ~ akiko
モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番&第26番 ~ グルダ
モーツァルト:レクイエム ~ カラヤン
モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番、第27番 ~ グルダ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番 ~ グルダ
モーツァルト:交響曲第25番&第29番&第35番 ~ バーンスタイン
モーツァルト交響曲第40番&第41番 ~ ベーム
You Are So Beautiful ~Bei Xu
Summerin' ~ 土岐麻子
How Beautiful ~ 土岐麻子、
Momento ~ Bebel Gilberto
Bebel Gilberto ~ Bebel Gilberto
Tanto Tempo~ Bebel Gilberto
Joao voz e violao ~ Joao Gilberto
ビヨンド・スタンダード 上原ひろみ
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970 ~ Astor Piazzolla
Tango: Zero Hour~ Astor Piazzolla
Tales from the Beach~ Incognito
Cannonball's Bossa Nova ~ Julian "Cannonball" Adderley
Piazzolla: La Camorra[Astor Piazzolla]
Lost in Translation ~Bei Xu
What's New ~Bill Evans - Jeremy Steig
Re:Person I Knew ~Bill Evans
The Koln Concert~Keith Jarrett
Concierto ~Jim Hall
Intermodulation ~Bill Evans & Jim Hall
My Song ~ Keith Jarrett Quartet
Alone 〜Bill Evans
Wave 〜Antonio Carlos Jobin
Tide 〜Antonio Carlos Jobin
Getz/Gilberto 〜Antonio Carlos Jobin
Antonio Carlos Jobim's Finest Hour 〜Antonio Carlos Jobin

◆ちなみに2007年に買ったCD(27枚)◆
Night Lights 〜Gerry Mulligan
But Beautiful 〜Boz Scaggs
I Will Say Goodbye 〜Bill Evans Trio
Explorations  〜Bill Evans Trio
Moon Beams  〜Bill Evans Trio
Sunday At The Village Vanguard 〜Bill Evans Trio
Interplay  〜Bill Evans
We Get Requests  〜Oscar Peterson
The Trio of Doom Live 〜Trio of Doom
My Favorite Things: Coltrane at Newport 〜John Coltrane
コープランド:エル・サロン・メヒコ 〜バーンスタイン
Ballads 〜John Coltrane
Sonny Clark Trio 〜Sonny Clark Trio
A Night at Birdland, Vol.1 〜Art Blakey Quintet
Chet Baker Sings and Plays 〜Chet Baker
Saxophone Colossus 〜Sonny Rollins
Kind of Blue 〜Miles Davis
Maiden Voyage 〜Herbie Hancock
Cool Struttin' 〜Sonny Clark
The Melody At Night, With You 〜Keith Jarrett
Full House 〜Wes Montgomery
Pilgrimage 〜Michael Brecker
Chilled Jazz 〜Various Artists
REMIXIES WEEKENDSHUFFLE 〜土岐麻子
Talkin' 〜土岐麻子
Time Control 〜上原ひろみ
Sharade 〜Holly Cole
[PR]
by lc-a | 2008-12-21 19:27 | CD

年内最後ということで

ヨーロッパ系ジャズを四枚。

BALLADS IN BLUE ~ Louis van Dijk Trio
My foolish heart ~ Renato Sellani Trio
Last tango in paris ~ Karel Boehlee Trio
Blue Prelude ~ Karel Boehlee Trio

今年はコレがラストです。
[PR]
by lc-a | 2008-12-21 19:19 | CD

深夜の喜むら鮨

ワインですっかり良い気分になり、遅い時間に喜むら鮨へ。
あぁぁぁ マスター&奥様、スイマセンでしたぁ!!
素敵な日本酒セレクション。
美味しいのがイッパイあります。
a0084221_1783058.jpg

この時期はコレっ! たちです〜。
a0084221_1783874.jpg

これ、美味しかったです〜。ウニとホッキ貝の雑炊。
a0084221_1784564.jpg

づけ丼です。ご飯食べすぎですね、僕たち。
a0084221_1785240.jpg

くじらベーコン、最近食べる機会があり・・またハマっています。
a0084221_1785942.jpg

シメはうどん。お寿司屋さんでこういったモノを食べるのは最高の贅沢ですね。
a0084221_179530.jpg


ありがとうございました!感謝デス!
[PR]
by lc-a | 2008-12-17 17:14 | Wine

Opus One

テイスティングクラブのM先生と画家のKさんにお誘いいただき、夫婦で出かけました。2008年を締めくくるのにふさわしい、素晴らしい夜となりました。

a0084221_1761024.jpg


Chambertin Grand Cru LEA Selection 1992 Lou Dumont
ルーデュモンの仲田氏が選んだレアセレクション。イチゴやクランベリー、山査子のニュアンス。熟成したピノを飲む度に心が元気になるのを感じる。穏やかにゆっくりと染みていく。

Corton Charlemagne 2002 Domaine Bertrand Ambroise
2008年2月に同ワインの1998年を飲んで、ベルトラン・アンブロワーズに魅了されました。洗練されていて、透明感があって、育ちがいい。柑橘やナッツのニュアンス。乳香と言っても良いような柔らかなバターの香り。全てが調和している。

Cote-Rotie Chateau d'Ampuis 1996 E.GUIGAL
一瞬にして、シラーという品種の認識が変わった。ペッパーやコリアンダーなどのスパイスのニュアンスはあるが突出しない。健康な青年期の男性といった印象。ブラックオリーブやブラックベリーなどの香りが続く。火の入ったイチゴなどにあうと思った。焼けたイチゴ、言葉に出してみると・・コートロティ=焼けた丘だということを思い出した。

Opus One 1996
オーパスワン、初めて飲みました。あまりに素晴らしくて、多くを語れませんが・・飲んだ瞬間に「豪華さ」に驚かされました。堂々として大胆。偉大なワインです。

ワインを飲みながら、画家のKさんが絵を描いて下さいました。芸術は、素晴らしいですね。描いている姿、出来上がっていく絵をみて・・涙ぐんでしまいました。僕も芸術畑(=音楽)なのに最近は全然活動していない。来年は、音楽活動を再開したいな。

Kさんが描いて下さった絵をいただきました。本当に素晴らしいので、額縁を用意して飾る予定です。
[PR]
by lc-a | 2008-12-17 17:06 | Wine

シャトームートンロートシルト

シャトームートンロートシルト、5ヴィンテージ垂直テイスティング会へ。
1966年、1979年、1989年、1990年、1996年をテイスティングしました。
何とも言葉にならない貴重な経験をしました。
今年は、ソムリエのT氏との偶然の出会いがあり、
このような素晴らしい会にお誘いいただくことになりました。

来月は、ロマネコンティ・・・。
本当に感謝の気持ちでイッパイです。

テイスティングコメントを偉そうに書いたり出来ませんが
偉大なワインは、人を寡黙にする ということ
偉大なワインを楽しむのには修行が必要だ ということを再確認。
ワイン道の奥深さを再認識させてもらいました。

2008年の素晴らしい経験のひとつとなりました。

今回テイスティングしたワイン
a0084221_22512938.jpg

お店にあった1939年のムートンです。
a0084221_22514039.jpg

[PR]
by lc-a | 2008-12-10 22:52 | Wine

Stan Getz

CD購入記録です。年末にまとめますー。
Stan Getzを一枚。

at Storyville, Vol. 1 & 2 ~ Stan Getz
[PR]
by lc-a | 2008-12-09 17:31 | CD

忘年会終了

日曜日はテイスティングクラブの忘年会でした。
a0084221_810544.jpg

今年は「ふぐ」昨年は「スッポン」がメインでした。
a0084221_8102398.jpg

10名でこの量のワインを・・・7時間くらい飲んでいました

そして、今夜は・・・

「シャトー•ムートン•ロートシルト4ヴィンテージ垂直テイスティング会」

1966年、1979年、1989年、1990年をテイスティングします。
[PR]
by lc-a | 2008-12-09 08:10 | Wine
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite