Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:CD( 42 )

グルダ

グルダのピアノに惚れてしまったようです。
相変わらずモーツァルト三昧。

モーツァルト : ピアノ協奏曲第23番&第26番
~ グルダ(フリードリヒ) (アーティスト, 演奏), モーツァルト (作曲), アーノンクール(ニコラウス) (指揮), ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

モーツァルト:レクイエム
~ カラヤン(ヘルベルト・フォン) (アーティスト, 指揮), トモワ=シントウ(アンナ) (アーティスト), パルツァ(アグネス) (アーティスト), クレン(ヴェルナー) (アーティスト), ダム(ヨセ・ファン) (アーティスト)他

モーツァルト:ピアノ協奏曲第25番、第27番
~ グルダ(フリードリヒ) (アーティスト, 演奏), モーツァルト (作曲), アバド(クラウディオ) (指揮), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)
[PR]
by lc-a | 2008-10-15 13:02 | CD

最近やってみていること

最近やってみていることが一つあります。

聴く音楽を「すべてモーツァルト」にしています。僕は、音楽大学出身ですのでそれを知っている方は不思議に思わないかもしれませんが基本的にジャズファンで、クラシックを聴くという習慣はありません。

クラシックしか聴いていないなんて、異常事態です!

音楽に関して、「許容しなくてはいけない」といった気持ちが強くあり・・感覚として感じる良い悪いに関係なく、どんなものでも聴こうという姿勢でいました。ところが、様々なジャンル、アーティストの音楽を聴けば聴くほど、好きなモノと嫌いなモノとのギャップが大きくなってきているのを感じたのが数年前。

それだったら原点にかえろうと「モーツァルト、ラヴェル、ジャズしか聴かない」を実行していたこともあります。二年くらい前かな。そして、ここ一年は、ボサノヴァばかりで・・・冬でもボサノヴァを聴いていました。(季節感ゼロです。)

最近読んでいた本に「自分の気分(気持ち)を高めて、いつも良い気分(気持ち)でいなくては!」といった内容が書かれており、(思い切りまとめて書いちゃっていますが)それだったら何を聴くだろうと冷静に考えたら、モーツァルトだったのです。ラフマニノフではなく。(ラフマニノフは、涙を誘いますので逆方向ですね。)

僕の母校がロケ地に使われたドラマ「のだめカンタービレ」でも「モーツァルトはピンク色」なんていう台詞がありましたが、実際に聴いていて、ここまで楽しく穏やかな気持ちになる音楽はないかもしれません。しばらく試してみようと思います。

そして、調べてみたら、篠原佳年さんという方の本で「モーツァルトセラピー」なんていうのもあるんですね。驚きました。

さて・・・そんなわけで、CDを三枚購入。

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番
~ グルダ(フリードリヒ) (アーティスト, 演奏), モーツァルト (作曲), アバド(クラウディオ) (指揮), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)

モーツァルト:交響曲第25番&第29番&第35番
~ バーンスタイン(レナード) (アーティスト, 指揮), モーツァルト (作曲), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)

モーツァルト交響曲第40番&第41番
~ ベーム(カール) (アーティスト, 指揮), モーツァルト (作曲), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)

余談:
とはいえ、モーツァルト作曲ホルン協奏曲は入試で演奏した曲。
この曲のCDだけは、聴いていません。(笑)
[PR]
by lc-a | 2008-09-22 15:34 | CD

You Are So Beautiful ~Bei Xu

ベイシューを買いました。
You Are So Beautiful ~Bei Xu

こちらで視聴出来ます。
[PR]
by lc-a | 2008-08-15 22:21 | CD

Bebel Gilberto

Momento ~ Bebel Gilberto
Bebel Gilberto ~ Bebel Gilberto

Tanto tempoに続き二枚。
[PR]
by lc-a | 2008-07-25 09:55 | CD

ボサノヴァ

夏に向けて、CDも少しボサノヴァよりに2枚。

Tanto Tempo~ Bebel Gilberto
Joao voz e violao ~ Joao Gilberto
[PR]
by lc-a | 2008-06-18 08:50 | CD

上原ひろみ

デビュー作から買っているので、発売日に購入。
日本を代表するジャズピアニスト、上原ひろみの新作。

ビヨンド・スタンダード 上原ひろみ

nord lead 2のサウンドも健在。ピアノばかりがフォーカスされますが、彼女のシンセプレイが僕は好きだったりします。

ライナーにレコーディングスタジオについてのことが書かれていましたが、田舎のスタジオでメンバーがリラックスしてレコーディングしたアルバムという雰囲気が漂っています。新入りGuitarがグルーヴを乱しているという風にもとらえられますが、上原自身のプレイも肩の力が抜けたモノで、今までの作品と比べてスピード感だけをみて評価出来ないところがあると思います。サウンドのソリッド感がそがれた感じがありますが・・これもまた彼女の音楽人生の中では転機となるアルバムになるだろうと・・。ただし、DrumsとGuitarは明らかに仲が悪そうです。(笑)
[PR]
by lc-a | 2008-05-30 09:00 | CD

Tales from the Beach

Pina Coladaを飲みまくっていた日の朝、IncognitoのニューアルバムTales from the Beachが届いた。Incognitoは、97年くらいから聴いていて、今までにライブにも2回行っている。版名にあるようにまさにビーチ向きの一枚。ここ数日、ヘビーローテーションで聴いているんですが久々に捨て曲ナシのCD。こういう音楽は、ドライブ向きですね。

iTMSでも試聴可能。iTunesがインストールされている方はこちらのリンクからどうぞ。

個人的には、
1. Love, Joy, Understanding
3. When the Sun Comes Down
5. N.O.T
9. I Remember a Time
12. When Words Are Just Words
あたりがおすすめです。

7月の休暇には、ぜひiPodに入れて持って行こうっと。ドライブ、で思い出しましたが・・現在、7年使ったRECARO SR-IIIをオークションで処分中。。いくらになるんだろう。
[PR]
by lc-a | 2008-05-10 21:55 | CD

三枚到着

ピアソラを二枚、Incognitoを一枚。

レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970 ~ Astor Piazzolla
Tango: Zero Hour~ Astor Piazzolla
Tales from the Beach~ Incognito

Zero Hourも噂通り素晴らしいアルバムでした。
ピアソラの音楽を聴いていると、
自分がやりたかった音楽の原型をみたような気持ちになります。
[PR]
by lc-a | 2008-05-05 22:59 | CD

羊男

先日ある方に
「羊男です。五年ぶりの」といわれました。

村上春樹の小説に出てくるそうですが
人生のなかでヒントをあたえてくれる人という意味だとか。
といっても、あまりにもわからないので村上春樹を2冊注文。

ついでに買った本
「高齢者の心理がわかるQ&A―ほんとうの高齢者を知るための、66の疑問」

CDも二枚購入。

Cannonball's Bossa Nova
[ Julian "Cannonball" Adderley With The Bossa Rio Sextet Of Brazil]

Piazzolla: La Camorra[Astor Piazzolla]
初ピアソラです。良すぎる・・このアルバム。
[PR]
by lc-a | 2008-04-25 17:24 | CD

CD

札幌にて4枚。

Lost in Translation ~Bei Xu
What's New ~Bill Evans - Jeremy Steig
Re:Person I Knew ~Bill Evans
The Koln Concert~Keith Jarrett
[PR]
by lc-a | 2008-02-11 10:08 | CD
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite