Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

最近やってみていること

最近やってみていることが一つあります。

聴く音楽を「すべてモーツァルト」にしています。僕は、音楽大学出身ですのでそれを知っている方は不思議に思わないかもしれませんが基本的にジャズファンで、クラシックを聴くという習慣はありません。

クラシックしか聴いていないなんて、異常事態です!

音楽に関して、「許容しなくてはいけない」といった気持ちが強くあり・・感覚として感じる良い悪いに関係なく、どんなものでも聴こうという姿勢でいました。ところが、様々なジャンル、アーティストの音楽を聴けば聴くほど、好きなモノと嫌いなモノとのギャップが大きくなってきているのを感じたのが数年前。

それだったら原点にかえろうと「モーツァルト、ラヴェル、ジャズしか聴かない」を実行していたこともあります。二年くらい前かな。そして、ここ一年は、ボサノヴァばかりで・・・冬でもボサノヴァを聴いていました。(季節感ゼロです。)

最近読んでいた本に「自分の気分(気持ち)を高めて、いつも良い気分(気持ち)でいなくては!」といった内容が書かれており、(思い切りまとめて書いちゃっていますが)それだったら何を聴くだろうと冷静に考えたら、モーツァルトだったのです。ラフマニノフではなく。(ラフマニノフは、涙を誘いますので逆方向ですね。)

僕の母校がロケ地に使われたドラマ「のだめカンタービレ」でも「モーツァルトはピンク色」なんていう台詞がありましたが、実際に聴いていて、ここまで楽しく穏やかな気持ちになる音楽はないかもしれません。しばらく試してみようと思います。

そして、調べてみたら、篠原佳年さんという方の本で「モーツァルトセラピー」なんていうのもあるんですね。驚きました。

さて・・・そんなわけで、CDを三枚購入。

モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、第21番
~ グルダ(フリードリヒ) (アーティスト, 演奏), モーツァルト (作曲), アバド(クラウディオ) (指揮), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)

モーツァルト:交響曲第25番&第29番&第35番
~ バーンスタイン(レナード) (アーティスト, 指揮), モーツァルト (作曲), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)

モーツァルト交響曲第40番&第41番
~ ベーム(カール) (アーティスト, 指揮), モーツァルト (作曲), ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (演奏)

余談:
とはいえ、モーツァルト作曲ホルン協奏曲は入試で演奏した曲。
この曲のCDだけは、聴いていません。(笑)
[PR]
by lc-a | 2008-09-22 15:34 | CD
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite