Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

バンコク

a0084221_15224784.jpg

バンコクに初めて訪れたのは、2000年4月のGW。僕は、25歳だった。食べたことがないもの → 食べられない パクチー&ナンプラー → 無理 だったので、あのときのバンコク旅行ほど衝撃的な旅は、未だにない。あれから11年、パワフルだった街は、もっとパワフルになり成長を遂げた。

二年前、「はじめてタイに行く」家内とプーケットへ。家内は、乗り換えのスワンナプーム国際空港で食べたタイ料理で、すぐにタイ料理の虜となってしまった。家内は、「タイへ毎年行きたい」と言っている。物価も上がって、日本より安いのはマッサージくらいになってきたバンコク。でも、あのパワーを感じるためには「行く」しかない。料理だけじゃなく、そのパワーが僕らを引きつけているのかもしれない。

今まで休暇というと滞在型。ゆったりと何もしないで過ごしていた。ところが昨年、自然たっぷりの場所に家を買ってから考え方が変わった。都会が恋しいというか、毒が欲しいというか。森の香りがしない、野鳥が鳴かない、排気ガスが臭い、人がいっぱいいる、そんな場所に行きたくなってしまった。

そして結果的に「パワーを感じ、価値とは何かを知る」旅となった。

僕は、旅に行く前にコンセプトをノートにまとめる。当初こんな感じの旅を予定していた。

民族的な雰囲気漂うリゾートで自然を感じ、海をみながら、ゆったりとした時間を過ごしたい。スパイシーなタイ料理、新鮮な海産物。シンハビアーとフレッシュフルーツのカクテル。小さな船を貸しきり、アイランドホッピングをする。ホテルはこじんまりとした整備されたホテル。ヴィラではない。大型のホテルでもない。出来ればオンザビーチでホテルが船をもっているとすごくいい。

当初、考えていた行き先は、「サムイ島」「クラビ島」だった。バンコクから帰ってから10日間が過ぎた。何故かとても海が見たい。また何もしない旅がしたくなってきた。

長いバンコク旅行記、読んでくださった皆さん、ありがとうございます。
[PR]
by lc-a | 2011-07-26 15:25 | Bangkok 2011

LONG TABLE(ロングテーブル)

泊まっているホテル近くのバー、LONG TABLEへ。地上25階、シロッコなどに比べればそんなところで?という感じでしたが、雰囲気のよい素敵な場所でした。25mのながーいテーブルがあります。お客さんは、ファランとタイ人が半々くらい。オープンテラスもあって、そこで飲むことも出来ます。
a0084221_14373519.jpg

カクテルも美味しかった!
a0084221_14374763.jpg

a0084221_14382154.jpg
a0084221_14382610.jpg

Kさんと一緒に。Kさんとは、同じ音楽大学だったとはいえ学生時代は、全然話したこともなかった。今から、13年ほど前に僕がやっていたホームページで彼女と再会し、メールをやりとりしたくらい。つい最近、たまたまFacebookで見かけて、今回お会いすることが出来ました。出会いってすごいよね。
a0084221_1438324.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-07-16 20:35 | Bangkok 2011

Basil(Sheraton Grande Sukhumvit) バジル(シェラトン グランデ スクンビット内)

最終日は、同じ音大の同期Kさんとディナー。バンコク在住8年、ピアノ講師&ピアニストとして活動しています。Sheraton Grande Sukhumvitの中にあるタイ料理店「Basil(バジル)」にて待ち合わせ。
a0084221_14283911.jpg
a0084221_14284599.jpg

合成調味料を使わないというのが売りで、お店の前には野菜やハーブを並べてあります。素敵なディスプレイ。
a0084221_14284910.jpg

この旅行でも到着して数日でタイ人と間違われるようになり、香港の人には道を聞かれ(やはりタイ人だと思われたらしい)、日本人にも「えくすきゅーずみー」とか言われるレベル。バンコク在住のKさんにも「タイ人でいるよね、佐藤くんみたいな人」といわれました。JIM THOMPSONでシャツを五枚も買ってきていたので、なおさらかな・・・。
a0084221_14301625.jpg

さてさて、肝心のお料理ですが・・・。あ、名前わすれた・・・いくつかのスパイスを葉に包んで食べるお料理。これ、とても美味しかったです。
a0084221_14311616.jpg

a0084221_1433711.jpg
a0084221_14331254.jpg
a0084221_14331817.jpg
a0084221_14332664.jpg
a0084221_14333176.jpg

完全に外国人向けにアレンジされたタイ料理だと思いますが、実に美味しかったです。ホテル内は、他にも美味しそうなお店もあるし・・・次回は、シェラトン泊まろうかなと思いました。

飲み足りない僕らは、Kさんと二軒目へ。(バンコクではしご酒)
[PR]
by lc-a | 2011-07-16 18:26 | Bangkok 2011

バンコクでデパ地下ゴハン

いつもは、「何もしない休日」という休暇なのに今回は、実にアクティブな旅。さすがに最終日、昼寝をしたくなり・・・近くのデパート地下でランチを買ってきて、ホテルでゆっくりしました。一皿50B(150円弱)タイ料理は、野菜がとれるのが嬉しいですね。
a0084221_14245953.jpg

昼からシンハビアーなのは、休暇の醍醐味。
[PR]
by lc-a | 2011-07-16 12:23 | Bangkok 2011

バンコクで美味しいイタリア料理? ENOTECA ITALIANA(エノテカイタリアーナ)

「エノテカ・ピンキオーリ東京のシェフがバンコクでやっているお店」と評価の高かった ENOTECA ITALIANA(エノテカイタリアーナ)へ。期待が高まります。とはいえ、オナカが疲れ気味。一皿ずつ注文して、シェアすることにしました。「アルコールもお休みしよう」とサンペレグリノをオーダー。

スターターが二種出てきます。サービスかと思いきや、普通に会計に含まれていました。
a0084221_142152.jpg

a0084221_1422830.jpg

パンは、たぶんアニキだったと思います。(アニキ=出来たてでは、ない)使っているオリーブオイルが酸化していて、胃にくる感じ。
a0084221_1422325.jpg

前菜盛り合わせ。写っていませんが付け合せのマリネ、こちらもオイルが古いのがすぐに味でわかる。
a0084221_1423419.jpg

なんだろーね、という気分になってきたところで、お隣りのコリアンがゴッセ(シャンパーニュ)を水のようにがぶ飲みしています。我慢できず、結局飲むことに。
a0084221_1423981.jpg

ワインリストのワインは、このように置いてあります。温度管理も何もあったものじゃないので、高温熟成がグングン進みます。(気候が気候なんだから、セラーくらい置けよ)
a0084221_1424443.jpg
a0084221_1425272.jpg

Ravioli Affumicati ripeni al Fegato Grasso con Fondo Bruno di Vitello e Tartufo Nero 560B
( Smoked Ravioli filled with Foie Grass in Black Truffe Sauce )
a0084221_1425897.jpg

Tagliata di Manzo con Rucola Pomodori e Prmigiano 790B
( Sliced Grilled Angus Beef Tenderloin with Rocket Salad, Tomato and Parmesan Cheese )
a0084221_14371.jpg
a0084221_1431295.jpg

いわゆるよく食べる感じのイタリア料理。新たな発見もなく、接客にも満足できず・・・残念イタリアンとなりました。どうして評価が高いのか全く僕には、理解出来ない。これらのお料理にグラスワイン4杯、サンペレグリノでお会計は、12,000円。やらしいんですが、その価値を見いだせない料理でした。何かが足りない、何かがおかしい。バンコクについた日に食べた一杯100円のカオマンガイ120倍の価値を僕は見つけられなかった。悲しくなってホテルに戻り、屋上のプールでまったり。
a0084221_1431738.jpg

ターンダウンしたベッドサイドに可愛い象。癒されました。
a0084221_1432497.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-07-15 20:59 | Bangkok 2011

Park Plaza Sukhumvit Bangkok(パークプラザスクンビットバンコク)

3つ目の宿は、Park Plaza Sukhumvit Bangkokです。三泊くらいで何となく飽きてくるので、長期滞在のときはいくつかのホテルを楽しむようにしています。このホテルは、トリップアドバイザーでバンコク市内ホテルとしては、10位。安定した人気のあるホテル。こじんまりとしていて、大きな特徴もなさそうなホテル。なぜ人気なのか不思議でしたが、チェックインしてすぐに理由がわかりました。とにかくスタッフが素晴らしい。レセプション、レストラン、セキュリティのスタッフにいたるまで、皆さんとても親切です。

お部屋は、国内の「ちょっといいホテル」くらいの広さ。建物も新しいので気持ちよく過ごせました。BTSアソーク駅までは、徒歩数分という立地。サイアムとか、都心部で遊びまわるバンコク旅行に特にオススメ出来るホテルでした。

a0084221_13535355.jpg
a0084221_13535969.jpg
a0084221_1354493.jpg
a0084221_1354101.jpg
a0084221_13541512.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-07-15 13:48 | Bangkok 2011

マンダリンオリエンタルのクロワッサンは、本当に美味しいのか?

エンポリウムというデパートをうろうろしているときに偶然みつけたMANDARIN ORIENTAL SHOP。サヨナライツカの原作を読んでいたときは、「絶対にノルマンディ(マンダリンオリエンタル内のフランス料理店)にいってワインを飲む!」と言っていましたが、旅行直前にみた映画版サヨナライツカで気持ちが萎えてしまい、今回の旅行でマンダリンオリエンタルに行く予定はありませんでした。でも、ずーっと気になっていたのは、このホテルのクロワッサン。(世界で一番美味しいという人もいるほど)

デパート内ですがマンダリンオリエンタルのクロワッサンやキッシュなどをマリアージュフレールの紅茶と一緒に楽しめるようなので、食べてみること。(恥ずかしながらマリアージュフレール初体験。ベタにマルコポーロにしました。)

a0084221_573349.jpg

a0084221_573919.jpg
a0084221_574419.jpg
a0084221_575064.jpg
a0084221_575556.jpg
a0084221_58184.jpg


よく食べるよね、佐藤家。(笑)さすがにどれも美味しかったです。次回バンコク旅行のときは、マンダリンオリエンタルで朝食を食べたいと思います。
[PR]
by lc-a | 2011-07-15 13:02 | Bangkok 2011

クワンシーフード | プルマンキングパワーバンコク近くのシーフードレストラン

フランス料理が二日間続いたので、何かちがうものが食べたい。プルマンキングパワーバンコク近くに気になるシーフードレストランがあったのでいってみました。クワンシーフードというお店。ホテルから近いので歩いていってみることに。

家内は、「えぇぇ、ここ入るのー」って感じでしたが僕は意外とこういうお店も好き。早い時間なので空いていましたがスタッフがやたら多いことから時間帯によって、すごく混むことがわかります。お客さんは、ローカルの人ばかり。期待が高まります。
a0084221_4555382.jpg

a0084221_4555874.jpg

当たり前ですが英語など通じるわけもなく、指差し方式で注文。プーパッポンカリーだけは、「ヌア(殻なしの状態」で食べたかったのでなんとか伝えます。お料理の味は、予想通り最高!
a0084221_456424.jpg
a0084221_4561096.jpg
a0084221_4561696.jpg

タイ料理といえば、この調味料四点セット。
a0084221_4562331.jpg

この他にヌードルもひとつ食べて、シンハ四本を飲んで、お会計は3,000円でした。
[PR]
by lc-a | 2011-07-14 18:52 | Bangkok 2011

バンコクで南仏料理 Le Beaulieu(ル・ボリュー)に行きました。

二年前のバンコク旅行で特に印象の残ったフランス料理店、Le Beaulieu(ル・ボリュー)に行ってきました。お料理、サービス、雰囲気、何をとっても安心感があるお店。バンコクにいることを忘れてしまうような空間です。
a0084221_4461576.jpg

a0084221_447120.jpg
a0084221_44793.jpg
a0084221_4471547.jpg
a0084221_4472198.jpg
a0084221_447278.jpg

前回訪問時にケーキ並の大きさだったチーズは、小さめになっていました。(笑)
a0084221_4473498.jpg

前菜〜メイン〜チーズ(またはデセール)というコース、グラスワイン3杯でお会計は、二人で8,600円。なかなかのお値打ち価格です。今回も美味しくお料理をいただきました。旅行でバンコクに行くときは、絶対いくお店になりそう。
[PR]
by lc-a | 2011-07-14 04:43 | Bangkok 2011

Deja Vuでフランス料理 | Pullman Bangkok King Power

様々なサイトで評判がよかったプルマンバンコクキングパワー内のフランス料理店、Deja Vu(デジャヴ)。旅行前から、ここだけは行こうと思っていたお店。通常は、3 course menuが1500バーツ(約4,000円)のお店です。ワインを飲んで、一人10,000円といったところでしょうか。ところが僕らが行こうと思った前日から、こんなプロモーションがはじまっていました。
a0084221_1752069.jpg

面白い!2200バーツ(約5,800円)で16種類の料理が楽しめて、二人でいくとワインボトル一本&帰りにバゲットプレゼントという企画。テイスティングメニューだから、料理も少しずつ楽しめていいよね!と軽い気持ちでこのコースをオーダー。店内は、天井が高くて二階部分もあり、すごく素敵です。
a0084221_1765592.jpg
a0084221_177187.jpg

a0084221_1772610.jpg
a0084221_1773450.jpg

甘く見ていました・・・結構なポーションで料理が運ばれてきます。(おそらく日本のフランス料理店の通常ポーションです。)
a0084221_1774272.jpg

a0084221_1781657.jpg

お口直しというかデセール食べているくらいの感覚。(笑)ここで家内がまさかの二本目ワインをオーダー。
a0084221_178216.jpg

・・・・・。
a0084221_1784851.jpg

牛肉を切り始めるスタッフ・・・。
a0084221_179951.jpg

三食分食べたような感覚です・・・。
a0084221_1791982.jpg

a0084221_1792861.jpg

そして、本当に腹がたつことに全部美味しい!!さすがに完食は出来ませんでしたが、お料理は本当に素晴らしかった。フォアグラ、オイスターは、僕の人生の中で最高の味でした。

メニューは、以下の通りでした。

Rillettes Tartine
Salmon Cornet
Tomato Jelly
Fin de Clair Oyster on ice
Salad Nicoise
Foie Gras Terrine
Truffle Cream Soup
Mushroom Puff
Calvados Sorbet
Sauteed Fillet of Red Mullet on Tomato and Olive
Butter-Poached Maine Lobster Tail
Ravioli of Braised Lamb
Crisp Pork Berry
French Beef off the trolley
Vanilla Mille Feuille
Mignardises - Tuiles,Chocolate and Macaroons
[PR]
by lc-a | 2011-07-13 17:02 | Bangkok 2011
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite