Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

男性には、二つのタイプがある。

男性には、二つのタイプがある。

朝、電気シェーバーでヒゲを剃る人。
朝、ウェットシェービングでヒゲを剃る人。

僕は、長年ウェットシェービング派。 シェービング前段階で使うCLINIQUE Face Scrub、King of Shaveの Shaving Oil、床屋さんにあるようなシェービングブラシ、シェービングカップ。ジレットフュージョンパワーという電池で振動する5枚刃のシェーバー、シェービング後のCLARINS Moisture Gel・・・。まるで儀式のような毎朝。普通の男性から考えれば、異常なほどシェービンググッズにこだわっていた。理由は、肌荒れ。もともとヒゲが薄いので、一日くらいでは快適に剃れるほどヒゲが伸びない。そんなこともあり、ヒゲではなく皮膚を剃っているような状態になってしまい・・・肌荒れすることが多い。

そんな風に悩んでいた僕だが、つい最近素晴らしい商品との出会いがあった。

Panasonic ラムダッシュ ES-ST21

実売8,000円ほどで買えるこのシェーバー、実に素晴らしい。なんとこのシェーバーは、お風呂で使うことを前提としている。しかもウェットシェービング。電気シェーバーでありながら、ウェットシェービングと同じように泡をつけて肌をすべらせるように剃ることが出来る。

現在、使い始めて二ヶ月ですが肌荒れゼロ。ウェットシェービング並のスッキリした剃り上がり。本当に嘘みたいで、はじめて使ったときは思わず声を上げてしまった。

旦那さんへのプレゼント、彼氏へのプレゼントにオススメです。こういうものって意外と自分でお金を払って買いたがらない男性が多いので。(僕も同様に楽天ポイントでもらいました)

http://lamdash.jp/
[PR]
by lc-a | 2011-05-24 14:40 | 日記的に

フォルクスワーゲン Polo ハイライン(6R)レビュー

ちょうど今日でVW Polo納車から一ヶ月、走行距離2,000kmとなりましたので、ちょっとレビューしてみたいと思います。

■良い点

何よりも運転そのものが楽しい。一言でいうと「軽快で抜群の安定性」直噴ターボのTSIエンジンは、1.2Lで1.8L並のパワーを発生するだけあって、軽々と走る。低速トルクが太く、市街地でストップアンドゴーが多い場面でも気持よく走る。

実に賢いDSGトランスミッション。変速ショックなど全くない。なめらかに加速する。また、坂道下りを走行中、ブレーキで減速すると的確にシフトダウンが行われる。山道を攻めると楽しそう。

10.15モードで20km/Lということで、期待の燃費ですが実燃費で15km/Lといったところ。三回給油しましたが、15.2〜15.5くらいで安定しています。ハイオク仕様とはいえ、営業車としては十分な数字。

後部座席がフラットになるため、大きめの荷物(わりと大きめのカラーレーザープリンターとか)も余裕で積めて仕事での利用に問題なし。トランクリッドも低めで荷物の積み下ろしも楽々。

見た目からは考えられない室内の広さ。前部座席は、僕が乗っても十分広い。

シートの出来がよく、身体がぶれないため長距離移動でも疲れない。また静音性が高く、耳の疲れが軽減した。

飽きのこないインテリアデザイン。クルマが守ってくれるという安心感、剛性感。

■悪い点

少し踏むとすぐスピードが出る(笑)160km/hまでは、かなりリニアに加速します。

超低速では、癖のある動きをするDSGトランスミッション。傾斜のある場所での駐車、車庫入れなどのときコツがいる。

ドアミラー形状のせいか右斜め後方の視界が悪く、車線変更時などにきっちり目視が必要

標準タイヤのコンチネンタル社プレミアムコンタクト、高速安定性が高いが少しノイズが大きい。ブリヂストンなどのタイヤに置き換えたほうが静かになりそう。(とはいっても、このタイヤを2セットも持っている(笑)

後部座席は、狭いので四人乗車前提ならゴルフがよさそう。

------

一ヶ月乗り回しても不満は何もないので、トータル満足度でいうと95点。まだ一ヶ月ですが、長く付き合っていきたいと心のそこから思えるクルマです。

実は、まだ一眼片手にクルマの写真を撮っていないので近々撮ってアップします。
[PR]
by lc-a | 2011-05-18 00:45 | 日記的に

Expedia、マジですげぇ。

先ほど7月休暇のKOREAN AIRをすべてキャンセル。
Expedia、マジですげぇ。
価格高めで諦めていたTG(タイ国際航空)が格安でとれました。
http://www.expedia.co.jp/

エア代金は、
大韓航空 163,700円 だったのが、
タイ国際航空&全日空 ¥156,920
一名あたり、78,460円となりました。

スケジュールも出発日を一日早めて、
7月8日 21:10に新千歳空港出発、
羽田空港出発が00:20→バンコク04:30着。

帰国便も7月17日 11:00バンコク発、
関空経由で21:35に新千歳空港。

まるまる9泊10日という過去最長の休暇となりました。
[PR]
by lc-a | 2011-05-01 23:36 | Bangkok 2011

7月の休暇決定

7月の休暇が決まりました。今回は、サムイ島が一番行きたい場所でしたが、タイ国内のエアが混んでいるため予約が出来ず、行き先を変更。セブ島とバンコクで迷い、家内の希望でバンコクに決定。(タイ料理の美味しさに家内は完全にタイにハマっている)

新千歳空港からの場合、海外にいくときは必ず成田または関空で乗り換えとなります。そのため、新千歳空港から直行便のある韓国・香港あたりをトランジットに使っても効率的に移動が出来るため、今回も二年前同様に韓国インチョン経由で行くことになりました。(化粧品なども安く買えて、最高のトランジットとなります)

出発は、7月9日。新千歳空港を14:05出発、韓国経由で22:10にバンコク着です。実に時間に無駄がない!しかもエアは、往復で一人8万円です。(燃油サーチャージなどすべて込み)

ホテルは、超高級ホテルをはずして、ちょっと高級ホテルにしました。

まず、Chatrium Suites Bangkokに3泊。

次にPullman King Power 3泊。

最後は、Park Plaza Sukhumvit Bangkokに2泊。

最終日、帰国便出発が午前1時のため、2泊目は夜中にチェックアウトするための捨て泊です。7月17日お昼頃、帰国します。宿泊のホテルは、平均すると二名朝食付きで8,500円くらい。Expedia で安く取ることが出来ました。

■旅費内訳
エアチケット 二名往復 163,700円
Chatrium Suites Bangkok 3泊 23,880円
Pullman King Power 3泊 26,199円
Park Plaza Sukhumvit Bangkok 2泊 20,356円 
空港送迎リムジン 往復6600円
------------------------------------------------------------------------
総額 240,735円
8泊9日だというのに、「一人当たり 12万」ってところです。

バンコクは、20代はじめに初めての海外旅行でいった場所。その後、プーケット三回、バンコク一回いっていますので、タイに行くのは、6回目。魅力は、レベルの高い料理(タイ料理は、もちろんですがフレンチなども美味しい)とタイ古式マッサージ、エネルギー溢れる空気感。

7月が待ち遠しいです。
[PR]
by lc-a | 2011-05-01 08:59 | Bangkok 2011
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite