Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

Bob Marley

夏向けに三枚。

ONE LOVE ~Bob Marley
Toulouse Street ~The Doobie Brothers
The Captain and Me ~The Doobie Brothers
[PR]
by lc-a | 2009-07-28 13:08 | CD

イスロマニア

「島」が好きです。
「島フェチなんです。」と言っている。

○○島と聞くとそれだけで楽しくなってしまう。
理由は?と聞かれても良い答えは、浮かばない。
頑張って理由を考えても「どこからでも海が見えるから」くらい。

DNA的に好きなんじゃないかと思う。
兎に角、海に囲まれた場所にいるだけで、幸せな気持ちになる。
小学生の頃は、「無人島」って聞くだけでワクワクした。
どんな船を作ることが出来たら、
そんな島に行けるんだろうって本気で考えた。

今日書店で見つけたクレアトラベラーに
「アイランド偏愛。」と書いてあった。
あーまさにこれは、自分のことだ。

はじめて知ったんだけど・・・
島が好きでしようがない人のことを「イスロマニア」と言うらしい。
ロレンス・ダレルという小説家が作った言葉だとか。

そんな僕が、いま一番行きたいのは、モヨ島。
あなたは、何マニアですか?

a0084221_20393734.jpg

[PR]
by lc-a | 2009-07-26 20:40 | 思うこと

LiFE3 LiFE with PhotoCinema 3で遊ぶ

今日届いた「LiFE3 LiFE with PhotoCinema 3」で遊んでみました。






[PR]
by lc-a | 2009-07-24 19:36 | Phuket 2009

北檜山



太平洋側は、バフンウニ。日本海側は、紫ウニ。バフンウニが好きだけど、ちょっと遠征してみたくなります。北檜山&瀬棚方面へドライブ。この時期の北海道、最高ですよ。まずはウニ丼。ミョウバン使っていません。塩水ウニです。
a0084221_23164272.jpg

こちらはウニ汁。
a0084221_23164848.jpg

アワビです。エゾアワビです。中国産とは全然味が違います。なんと1,200円。
a0084221_23165316.jpg

これくらい肉厚に切ってくれると嬉しい!!
a0084221_23165966.jpg

賞味期限1時間のシュークリーム。甲田菓子店というお店。
a0084221_2317438.jpg

農家をやっている友人の畑へ。
a0084221_2317991.jpg

日本海を見下ろす畑。
a0084221_23171969.jpg

本当に美しいじゃがいも。今年は、特に美味しいと思いました。
a0084221_2317243.jpg

メーメー牧場にて。サフォークという羊です。
a0084221_23172962.jpg

羊をみながら、食べるラム肉(笑)
a0084221_231735100.jpg

[PR]
by lc-a | 2009-07-22 23:17 | 日記的に

日の当たらない森の奥深くを一人で歩く

シャトー・ラフィット・ロッチルド、垂直テイスティング会に夫婦で参加しました。
a0084221_1653535.jpg

今回は、北海道初のマスターソムリエ、澁谷昭氏がゲストでいらっしゃいました。偶然にも澁谷氏の隣に座らせていただき、テイスティングをさせていただきました。テイスティングしたワインは・・・

Carruades de Lafite 1998
Chateau Lafite Rothschild 1992
Chateau Lafite Rothschild 1989
Chateau Lafite Rothschild 1978
Chateau Lafite Rothschild 1976
Chateau Lafite Rothschild 1970
Chateau Lafite Rothschild 1955
a0084221_16531154.jpg
a0084221_16531698.jpg


紫色の花(スミレ)、西洋杉、シャンピニオン、トリュフ、シガー、腐葉土、森の下草、くだいたアーモンドの白い部分、よく熟したプラム、タイム、アニス・・・日の当たらない森の奥深くを一人で歩く。完璧で、儚く、哲学的なワイン。官能や情熱ではなく、慈悲深く、慎み深い。バッハの音楽がきこえてきた。

澁谷氏のコメントを聞かせていただき、たくさんお話をさせていただき、すっかり澁谷氏の魅力に惹きつけられてしまいました。思い出に残る素晴らしい夜になりました。参加者の皆さん、Tソムリエ、ありがとうございました。


[PR]
by lc-a | 2009-07-22 16:54 | Wine

突然ワイン会

午後四時過ぎ、突然ワイン会をやることになりました。

夫婦で飲みに行っても、何種類もワインを飲めないので +1名 +2名のゲストがきてくださると、とーってもありがたいのです。そんなわけで、小学校の先生をしているK君に連絡。(彼は、僕が大学四年生のとき、教育実習で教えた子で、僕が大学で専攻していたホルンを吹奏楽部で吹いていた。ただそれだけなのですが、なんと13年もつきあいが続いています。)

ワイン教室のS先生のお店でワインをゲットし、よく行くお店へ。あらかじめワイン名を伝えておいて、お料理はお任せにしました。かわいいトマトでしょう?マイクロトマトというそうです。小さいけれど、味はしっかり。
a0084221_16274876.jpg

ボンゴレビアンコ。ズッキーニが夏らしい。
a0084221_16275280.jpg

地元産のホタテ、紫カリフラワーが秀逸。
a0084221_16275792.jpg

ここまで食べたところで、ワイン教室のS先生が登場!(なんとワイン持参)
さらに盛り上がります。

赤ワインをピノノワール&ガメイのワインにしたので、鴨肉がメインでした。
a0084221_1628375.jpg

フェブレイのマールまで楽しみ、思いがけず楽しい夕食となりました。
a0084221_1628736.jpg
a0084221_16281121.jpg
a0084221_16281557.jpg

[PR]
by lc-a | 2009-07-18 19:30 | Wine

あっという間に一週間

旅行記を書いていたら、あっという間に一週間が過ぎました。
帰国後すぐの月曜日は、テイスティングクラブでした。
M先生が幹事のスパークリング&シャンパーニュ特集。
実は、毎年のお楽しみとなっています。(笑)

テイスティングしたワインは、下記の通りですが
Cremant de Bourgogne Tastevinage (Bourgogne)は、
価格から考えられないほど素晴らしいワインでした。
この時期に冷蔵庫に冷やしておきたい!!
泡好きの方、ぜひ入手してください。夏のお料理にもあわせやすいし。

そして、
・1985のサロン
・1986年のアラン・ロベール、メニル・レゼルヴ・ブラン・ド・ブラン
言葉を失いました。
テイスティングノートを書きながら飲んでいますが、
このときばかりは手が止まった。
何も言葉が出てこない。

これらのワインをM先生が大切にセラーに寝かせていた時間、
気持ちを考えずにはいられません。
美しき時間。感動のワインでした。

来週火曜日は、北海道初のマスターソムリエ・澁谷昭氏をお迎えして、
シャトー・ラフィット・ロートシルトを楽しむ会です。
噂では、6ビンテージ?を垂直テイスティングになるのでは・・という話で、
こちらも今から楽しみです!!

a0084221_18173912.jpg

Lanson Black Label Brut NV (Champagne)
Korbel Brut (California)
Cremant de Bourgogne Tastevinage (Bourgogne)
Remy Carte Blanche Brut (Champagne)

a0084221_1817459.jpg

Cremant de Bourgogne Voarick (Bourgogne)
Daniel Collin Blanc de Noirs (Champagne)
Barons de Rothschild Brut (Champagne)
Chandon Brut Classic (California)

a0084221_18175018.jpg

Alain Robert Mesnil Reserve Blanc de Blanc Tete de Cuvee 1986
Salon Blanc de Blancs Brut 1985

1980年代に作られたのは、1982・1982・1985・1988・1989年。
[PR]
by lc-a | 2009-07-17 18:18 | Wine

7/10 Twinpalms Phuket Resort 〜帰国〜

最終日、正午にチェックアウトして・・・2時間のマッサージを受けました。レイトチェックアウトにしなくても、有意義に時間を使えます。マッサージの後、ホテルのライブラリで一時間ほど時間つぶし。ヨットに一緒に乗ったオーストラリア人のお父さん(66歳・建設会社経営者)に話しかけられ、迎えのクルマが来るまで、色々とお話をさせていただきました。
a0084221_1735475.jpg

プーケットを出発する寸前。旅は、このとき一番充実感を感じますね。
a0084221_174141.jpg
a0084221_174539.jpg

5年ぶりのプーケットは、素晴らしい旅行となりました。プーケットは四回目でしたが、現地の方の笑顔やおもてなしの心にたくさんの元気をいただきました。2004年、津波と一週間違いで滞在したプーケット。それから五年間、また行きたいとずっと思ってきましたが・・・念願がかなって本当に良かった。

中村天風さんの言葉に「笑顔は、万言にまさるインターナショナル・サインだよ」というのがありますが、今回の旅は本当にそれを実感しました。笑顔をかわす旅。

ブログを読んでくださった方にも感謝です。ありがとうございました。
[PR]
by lc-a | 2009-07-10 18:00 | Phuket 2009

7/9 Twinpalms Phuket Resort 〜Oriental Spoonでディナー〜

今回宿泊した、The RachaTwinpalms Phuket Resortもホテルにこのマークが。
a0084221_16463889.jpg

偶然だったのですが、どちらのホテルもSmall Luxury Hotels of the Worldのホテルでした。登録されているホテルを紹介している小冊子があり、買ってきました。もう見ているだけで幸せ。次回の旅行を計画するだけで楽しいです。ちなみに我が家では、「旅行の計画」や「旅行の手配」「美味しいお店の情報」「旅行後の写真整理、アルバム作成」などなど全て僕がやります。家内は、完全に丸投げ。(笑)それなので、毎年・・僕の想いだけで出来る旅行。これも家内が受容的だから出来ること。ありがたいですねー。ヨメさんに感謝!!「そーんな南の島いきたくなーい」「ヨットなんて乗りたくない」なんて言われたら行けないもんね。

プーケットでの最後のディナーは、Twinpalms Phuket ResortのOriental Spoonで。イタリア・ヴェネト州のメルローにしました。疲れた身体にちょうどよい優しい味わいでした。

a0084221_16471041.jpg

a0084221_16464857.jpg
a0084221_16465662.jpg

僕はスターターにロブスターのビスクをいただきました。汗をかいたら、こういうの食べたくなりません?
a0084221_1647023.jpg

家内はマグロを使ったサラダ。
a0084221_1647516.jpg

メインは、9ozのテンダーロインステーキをマッシュルームのソースで。
a0084221_16471787.jpg

家内は、ラムラックをミントのソースで。
a0084221_16472166.jpg

とーっても美味しくて、満足度の高い食事でした。
[PR]
by lc-a | 2009-07-09 16:45 | Phuket 2009

7/9 Twinpalms One Luxury Day Cruise

AM9:30、Twinpalms One Luxury Day Cruiseに出発。
二日前、ガンガン雨が降ったので快晴!!参加者は、10名。ニュージーランドが2名、オーストラリアが2名、国籍不明(話せなかった)4名、僕たちの10名でした。何だか凄い室内のクルマでプーケット島東側の港まで移動します。30分ほどで到着。
a0084221_16233323.jpg

おおー コレに乗るんですか!
a0084221_16251127.jpg
a0084221_16251645.jpg

船内には、三つのベッドルームがあります。
a0084221_16252150.jpg
a0084221_16252613.jpg

洗面所、シャワー、トイレも各部屋に完備。
a0084221_16253080.jpg

船内に泊まりながら、クルーズするプランもあるそうです。しかもチャーターで。(笑)一泊二日のチャーターを12月〜1月のハイシーズンにすると日本円で160万だそうです。んー凄い!!と、驚いていたら、出港。
a0084221_16253447.jpg

船が大きいので、小さな船を引っ張っていきます。(小さな島に上陸するときや、ジェットスキーに使うそうです)
a0084221_16235942.jpg

スコールじゃなくて良かった!!
a0084221_1624675.jpg

ラインのひとつひとつが美しいTwinpalms One
a0084221_16241042.jpg
a0084221_16241573.jpg

コクピットは二カ所。こちらは三階部分のコクピットです。
a0084221_16242262.jpg

こんなところでもゴローンと出来ます。手前の丸い部分は、メインベッドルームの屋根部分。
a0084221_16242927.jpg
a0084221_16243445.jpg

GPSついているくらいだったら、「ふーん」だったのですが・・・この船、完全なる自動操縦。キャプテン、全く操縦していません。魚群探知機も装備。釣りをなさる方もいるそうです。
a0084221_16244084.jpg

旅行でのお決まりとなった写真。
a0084221_16244540.jpg

ランチはオンボードで。素晴らしいお料理でした。オーストラリア人親子とニュージーランド人夫妻と交流。cloudy bay のワインや、ワイン全般の話で盛り上がりました。
a0084221_16244982.jpg

まさか船の上でワインを飲むとは思わなかった!
a0084221_16245476.jpg
a0084221_16245975.jpg

どこに旅行に行っても、日本人とは思われず(身長183cmのせいか!?)今回も前半は、英語で話しかけられ、家内は日本語で話しかけられていましたが・・・旅も中盤をすぎてからタイ語で話しかけられてばかり。「?」と思っていたのですが、写真を見て納得。コゲてます。食後のシガーをふかすエセタイ人。
a0084221_1625526.jpg

a0084221_16253936.jpg

5年前にもきたKai Nok島がみえてきました。
a0084221_1625444.jpg

Kai Nok島に到着。ビーチまでは、フィンとシュノーケルで泳いでいっても良いし、引っ張ってきた小さな船でも送ってくれます。残念なことにこの島、5年前のときとは比べものにならないくらい海もビーチも汚れていました。ちょっと悲しい気分に。
a0084221_16254966.jpg
a0084221_16255479.jpg

Rang Yai島にも行きました。ここでは、ジェットスキーを楽しむ方も。はじめてみましたー。
a0084221_16255910.jpg

のどがかわいたーと帰りの船内でコーラ。コーラがこんなに特別に思えたのは、初めてでした。素敵な休日、本当に晴れて良かった。神様ありがとー。
a0084221_162638.jpg

余談:このクルーズの参加費、日本円で一人たったの10,000円でした。(飲み物代別・雨期の料金)
[PR]
by lc-a | 2009-07-09 09:30 | Phuket 2009
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite