Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Taiwan 2011( 14 )

晶華軒(ジンハァシュァン)

最終日の夜は、ザ リージェント タイペイ(台北晶華酒店)の中にある中国料理店、晶華軒(ジンハァシュァン)へ行ってきました。洗練された店内と洗練された料理。多くを語る必要もないので、写真をドドーんと掲載します。
a0084221_8394660.jpg
a0084221_8395212.jpg
a0084221_8395782.jpg
a0084221_840235.jpg
a0084221_8401229.jpg
a0084221_8401848.jpg
a0084221_840251.jpg
a0084221_840336.jpg
a0084221_8403978.jpg
a0084221_8404414.jpg
a0084221_8404919.jpg

優しい味なんだよね、どこで何を食べても。そして、接客も空間も何もかもが繊細で。ここまで心地良く、ここまで美味しい海外旅行は、なかったと思います。

どんな国にいっても食事をしながら、家内と色々なことを話します。人生の方向性について、生き方そのものについて。この夜、Twitterにこんなツイートをしました。


「旅は、素晴らしい。家内と人生について語り、より方向性がはっきりしてくる。視界が広がるように。小沢健二を聴いていた二十代、本気で人間の幸せとは何かを語った。それが明らかになった今、それを語る理由はない。」


次は、いつ旅に出られるかな。
[PR]
by lc-a | 2011-02-17 08:45 | Taiwan 2011

古琴との出会い

友人のMさん、台湾に来てから「古琴」を習っているとのこと。「先生に会ってみますか?」とおっしゃるので、「白髪でながーい白いヒゲ、ヤバい漢方薬をいっぱい飲んでいるような老人」って雰囲気の先生を想像しつつ、先生に会いに行くことにしました。ところが出てきたのは、三十歳ソコソコの可愛い女性。台湾の音楽大学を出て、古琴を教えたり演奏ツアーをしているそうです。

レッスンに使われているという建物は、とても気持ち良い空間。空間の心地良さというのをこんなに強く感じることがあったかな、と思うほど。ここで、古琴という楽器の音を生で聴きました。心に響く、優しい音と叙情性あふれる音楽。(実は、ビデオを撮ったのですが・・まだ掲載許可が出ていないので今回はアップロードしませんが、もし許可が出たら動画もアップロードしたいと思います。)

a0084221_831560.jpg
a0084221_8311088.jpg
a0084221_8311641.jpg
a0084221_8312183.jpg
a0084221_8312755.jpg
a0084221_8313344.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-17 08:33 | Taiwan 2011

イタリアンと中国茶の茶芸館? CHA CHA THE

CHA CHA THEというちょっと変わった茶芸館へ。お料理は、イタリアンっぽい感じなのですが、あわせるのは中国茶というお店。どう考えてもワインが欲しいのですが、ワインは置いていません。(笑)こんな感じの店内です。
a0084221_8205083.jpg
a0084221_8205514.jpg
a0084221_821430.jpg

驚くのは、壁!お茶で出来ているんです!
a0084221_8213640.jpg

メニューは、プリフィクスとなっています。写真は、僕が頼んだメニュー。料理にあわせたお茶もマリアージュするように考えられています。実に面白いコンセプト。こういうお店、日本でやったら流行るかな?
a0084221_8214963.jpg

a0084221_8224581.jpg
a0084221_8225362.jpg
a0084221_8225932.jpg
a0084221_823713.jpg
a0084221_8231337.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-17 08:23 | Taiwan 2011

新純香で台湾茶。極上の東方美人

二日目は、1996年に Internetを通じて知り合ったMさん(現在、台湾在住)に台北を案内していただいた。彼女が行きつけという台湾茶の専門店、新純香へ。お店の方と話しながら、色々とお茶を試飲させていただいた。
a0084221_894313.jpg

a0084221_8101762.jpg

ここで背筋ビリビリ体験の三回目。東方美人というお茶の香り。中国茶は、2005年に香港に行ってからハマり、家に茶器もおいて楽しんでいた。東方美人もよく飲んでいて、「あー、あれですね」くらいの感じで思っていた。ところが・・・・。まさに蜂蜜の香り。(白い花の)ワインでいうとリースリングのような香りが!!
a0084221_812519.jpg

そして茶菓子のレベルも高い。自家製という優しい味のパイナップルケーキや山査子、茶梅。思わず何点も購入してしまいました。帰国してからTwitterのフォロワーさんに教えていただいてわかったのですが、こちらのお店インターネットに出店中。個人輸入も出来るようです。お茶がなくなったら、輸入する予定です。
[PR]
by lc-a | 2011-02-17 08:14 | Taiwan 2011

台湾料理店 欣葉(シンイエ)

台湾料理の名店「欣葉(シンイエ)」へ。
最初からメニューに度肝を抜かれます。
さすがに僕も頼めなかった。(笑)
a0084221_7571839.jpg

言葉にならないほど、全部美味しかったお料理。
杏仁豆腐なんて、今まで食べていた杏仁豆腐は何だったの?というインパクトでした。
食感も香りも全然違って・・・。
a0084221_7574534.jpg
a0084221_757557.jpg
a0084221_75804.jpg
a0084221_758573.jpg
a0084221_7581169.jpg
a0084221_7581782.jpg
a0084221_7583055.jpg
a0084221_7583797.jpg
a0084221_7584656.jpg
a0084221_7585282.jpg

そしてすごく安い。約7,500円。
台湾在住の方が口々に「太る!」という意味がわかる。
a0084221_80419.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-15 08:01 | Taiwan 2011

台湾の地下鉄

旅行先で公共交通機関を使ってみるのは、なかなか楽しい。
タクシーが安くて市内移動は、タクシーばかりでしたが
地下鉄にも乗ってみました。
この青いコイン型のものが乗車チケットです。
a0084221_7505643.jpg

a0084221_751339.jpg
a0084221_7511069.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-15 07:51 | Taiwan 2011

 茶芸館へ「紫藤廬(ヅートンルー)」

15年ほど前からInternetで知り合ってお付き合いをさせていただいている友人が、現在台湾在住。図々しくも彼女のところに電話をかけて、オススメの茶芸館を聞いた。「紫藤廬(ヅートンルー)」というお店。
a0084221_739112.jpg
a0084221_7391712.jpg

この空間の持つ心地良さは、何も書かなくても伝わると思う。
a0084221_7395557.jpg
a0084221_740236.jpg
a0084221_740118.jpg
a0084221_7401975.jpg

素晴らしいお茶にも感動したけど、一番感動したのがこのお菓子。
ナツメの餡にクルミが入ったお菓子で、ヌガーのような食感。
甘さは、かなり控えめで口の中でふわーっと味わいが広がる。
梨山初暁という高山烏龍茶とのマリアージュに背筋がビリビリ。
一日に二回も食べ物で背筋がビリビリしたのは、人生初かも。
a0084221_7402666.jpg

売っていないのですか?と聞いたところ、
お土産として売っていなかったのですが・・・
あまりにも感動したので無理をいって買ってきました。
「絶対に日本にもって帰りたい!」という気持ちになったのは、初めてのことでした。
[PR]
by lc-a | 2011-02-15 07:44 | Taiwan 2011

市場に迷い込む

市場に迷いこんでしまった。
海外にいって、必ずいく場所といえば
・スーパー
・薬局
・コンビニ
理由は、「生活」がみえるから。
市場は、それ以上に人々の生活が見えてくる魅惑の空間。

a0084221_728533.jpg
a0084221_7281326.jpg
a0084221_7282348.jpg
a0084221_7283277.jpg
a0084221_7283873.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-15 07:29 | Taiwan 2011

台湾式シャンプー

はじめていった国で、当てもなくフラフラ歩くのは、とても楽しい。
街中で見かける美容室らしきお店をたくさん見かける。
台湾式シャンプーを試してみることにした。
a0084221_7135999.jpg

お店は、「原宿」なんて書いているこちらのお店。
見た目通り、観光客ゼロで地元の人たちばかり。
当然、日本語も英語も通じないお店でした。
a0084221_7161973.jpg

マッサージでも何でもベテランが必ず担当となる僕。
今回もベテランのオバサマが担当してくださいました。
(ちなみに家内は、可愛いオネーサンに担当される)
台湾式シャンプーは、まるでヘッドマッサージ。
ベテランの技でリフレッシュしました。約750円。
a0084221_724241.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-15 07:25 | Taiwan 2011

永康刀削麺(ヨンカンタオシャオミエン)で牛肉麺

ブラブラしていると青木由香さんの本でも紹介されていた永康街に。
偶然にもその本で紹介されていたお店を発見しました。
a0084221_9441333.jpg

永康刀削麺(ヨンカンタオシャオミエン)というお店。
a0084221_9444743.jpg

迷わず店内へ。美味しいモノのためなら、無計画な夫婦です。
a0084221_9453721.jpg

なんともシンプルなメニュー。
a0084221_9451177.jpg

中国語なんてわかりませんから、雰囲気でオーダーです。
a0084221_946433.jpg

出てきましたー。牛肉麺!
a0084221_9463942.jpg

麺は、なんと包丁でそぎ落として作っているのです。
a0084221_9472065.jpg

a0084221_9473083.jpg

極めつけは、これ。牛肉湯。
物凄い牛肉のエキス。凝縮感があるのに獣臭くない。
一口で背筋がビリビリしました。今回の旅行、一回目の背筋ビリビリ体験。
a0084221_9474058.jpg

[PR]
by lc-a | 2011-02-10 09:48 | Taiwan 2011
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite