「ほっ」と。キャンペーン

Con Vento

convento.exblog.jp ブログトップ

新しいブログ

こちらのブログに引っ越しました。

http://con-vento.com/
[PR]
# by lc-a | 2011-09-29 07:22 | その他

CD購入記録

It’s Here It’s Here ~ kahimi karie
State of Mind ~ Raul Midon
John Dowland Lute Works
モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲ほか ~ グラーフ(ペーター=ルーカス)
モーツァルト:フルート協奏曲集 モーツァルト:フルート協奏曲集 ~ グラーフ(ペーター=ルーカス)
[PR]
# by lc-a | 2011-09-17 20:07 | CD

夏の終わりのハーモニー

今回、「夏の終わりにバーベキューをしましょう」と僕が言い出し、

「ドキッ! 夏の終わりのハーモニー
 羊だらけのバーベキューパーリー」

というワイン会を自宅でやることになった。
参加者は、脳外科医のM先生、寿司職人のKさん、ソムリエールのKさん、
自由業のワタクシ、食べるのが趣味の家内というメンバー。

何か印象に残るワイン会にしたいと考えていたところ、ふと思いだした。
すごいラム肉のことを!

一年に一度行くイタリア料理店「オステリアウーゴ(名寄市)」
セコンドピアットに必ずミルクラムをいただく。
美深産の感動的なミルクラム。

なんとかこのお肉を手に入れられないかとウーゴのシェフに相談。
シェフの同級生が経営なさっているというお肉屋さんをご紹介いただきました。
日本一のラム屋を目指す「東洋肉店(名寄市)

今回は、そのお店から美深産六ヶ月オスの羊ちゃんを取り寄せました。
a0084221_1593660.jpg

美しいお肉!!おいしいに決まっている!!
a0084221_1510538.jpg

アイオブショートロインは、カルパッチョに。
もう言葉にならない美味しさ。
a0084221_15131078.jpg

a0084221_15102758.jpg

「こんなにおいしいお肉は、はじめて食べた」
「これはもうラム肉ではない」

1つずつの部位を順に炭火(実家の茶室からパクった備長炭(笑)で丁寧に焼いて、
ワインをテイスティングするようにお肉をいただく。
あまりの美味しさに何度も静まり返る。
偉大なるこの二本のワインとのマリアージュもすごかった。
a0084221_15104294.jpg

結局、五名で11本のワインを完飲。
正午から、午後10時まで飲んでいました。
参加者の皆様、ありがとうございます。
来年は、一頭買いしましょう!!
a0084221_15115595.jpg

2006 Bourgogne Rouge (Domaine A.F. Gros)
1997 Ridge California Monte Bello
2000 Chateau Lynsolence
2009 serena ESTATE Chardonnay
2010 Chablis (Daniel Dampt & Fils)
2006 Con Vento (Castello del Terriccio)
Cava Segura Viudas Brut Reserva
Cremant de Bourgogne (Lou Dumont)
2007 Franciacorta Rose (Ferghettina)
Champagne Chartogne-Taillet
Champagne Montaubret(ミモザ用)
[PR]
# by lc-a | 2011-08-29 15:18 | Wine

演奏会のご案内(8月20日)

明日、演奏会本番です。
もしよろしければ、お近くの方ぜひいらしてください!

日時  8月 20日(日曜日)午後二時~
会場 室蘭キリスト教会 グロリアチャペル
http://www.bridges-for-gospel.org/
〒050-0083 室蘭市東町5丁目5番15
入場無料/駐車場あり
(満車の場合は、弥生町ショッピングセンターに駐車可能)

気楽な演奏会なので、子供連れでもOKです。
よろしくお願いします!

↓練習風景です。


[PR]
# by lc-a | 2011-08-20 14:23 | 日記的に

奏友会定期演奏会終了(室蘭栄高等学校吹奏楽団OB演奏会)

毎年恒例となっている奏友会定期演奏会(室蘭栄高等学校吹奏楽団OB演奏会)、昨日無事終了しました。聞きに来てくださった方々、応援してくださった方々、一緒に演奏した皆さん、ありがとうございます。今年、OB19年目。高校を卒業して二十年近い年月が流れたことに驚かされます。同じ音楽室で同じ景色をみながら、(僕の高校は、窓から海が見える!)音楽を愛した仲間。36歳になっても演奏に参加出来ることは、本当に嬉しい。打ち上げのシメに恒例の三本締めをさせていただきました。

「僕は、ホルンを吹くときに・・・明日死んでもいいという思いで吹いています。明日死んでもいいという思いで、来年また一緒に演奏しましょう。」

音楽の神様は、絶対に裏切らない。音楽は、人生の告白。「その人」が音楽で表現される。どんな小細工をしても、その人の生き様が音楽に出てしまう。だから、僕らは心を磨き、真摯に楽器に向き合うのかもしれない。人生をかけてやることが出来る「大きな存在(音楽)」と出会わせてくれた人たち、僕の心を動かした(動かし続ける)数々の音楽に感謝します。

a0084221_1214110.jpg

[PR]
# by lc-a | 2011-08-15 12:14 | 日記的に
line

北海道在住、佐藤義高のブログです。1996年頃から、Webに文章を書いてきました。


by lc-a
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite